カンファレンスプログラム 2021年4月15日(木)

​会場:〒135-0063 東京都江東区有明3丁目4−10 TFTビル西館2F

​会場地図

本カンファレンスは盛況のうちに開催終了致しました。
下記は2021年4月実施分スケジュールです。
【午前の部】(事前登録制)
  受講料:無料  *参加登録フォームにて『会場』or『オンライン』を選択 

【午前の部】ヘルスケアリサーチャーセッション

09:30 - 09:40

オープニングセッション

                       

(一社)HMIC
(株)社会情報サービス   
専務取締役

傳農 寿 氏

※午前の部開始時刻が変更となり、10時から9時30分となりました。

[司会]

(一社)HMIC  /(株)社会情報サービス  専務取締役   傳農 寿 氏

 
図1.jpg

​09:40  - 12:00

▶アジアのリサーチ業界から 【録画放映/同時通訳】

『CphMRAの活動紹介』

  CphMRA

  副代表

  Adele Li/李 征 氏

 

『Behavioural Science and its application in Healthcare』 

 Ms. Regina.Gowindah

 Sr. Director,

 Health Division,

 APAC Practice lead, Behavioural Science,

 Kantar 

​【概要】

Behavior change is a much-debated issue and health related interventions have had varying levels of success in achieving the changes they set out to accomplish. More recently, we've gained greater insight about the complexity of decision making in the context of our health. We now understand that people more likely to make decisions based on mental short cuts, or heuristics, and this is where many of the theories of behavioral economics come into play. 

This presentation is designed to be an introductory session for anyone who wish to know more about how behavioural economics can help you to better understand your customers and patients’ behaviours. 

言語
言語
 

​※会場では通訳による

 日本語講演となります。

​※会場では通訳による

 日本語講演となります。

 

​『Indian Pharmaceutical Industry -

 Yesterday, Today, and Tomorrow.』

                       

  Mr. Ajay Viswanath
  CEO,
  Stratycon Business Solutions Pvt. Ltd

​【概要】

Today, the Indian pharmaceutical industry has achieved global recognition touching every possible country with its products. The scenario was not the same 30 years back. It is not likely to remain the same in the next ten years.
This presentation will highlight the policies, decisions, and actions that have resulted in India transforming into a generic supermarket. It will be interesting to know the strategies that differentiated the rocket-paced companies from those who stood still amidst the changing environment.
It is a fact that the market and competitor information drive the decisions. During the last two decades, with the domestic market growing in double-digits and the world accessible at the doorsteps, it is essential to understand the impact of business and market intelligence on the business strategies of successful Indian companies.

 

言語

​※会場では通訳による

 日本語講演となります。

▶メーカーリサーチ部門セッション

『製薬企業において、現在そしてこれから求められる

                    インテリジェンス・インサイトへのニーズとは。』

日本たばこ産業(株)
医薬事業部   臨床開発部 次長   /  市場調査チ ーム リーダー
河合 直樹 氏

アステラス製薬(株)
営業本部営業デジタルイノベーション室   課長

重国 紀美 氏

MSD(株)
マーケットリサーチ スペシャリスト チャプターリード
藤井 弘之 氏

 
 

河合 直樹 氏

重国 紀美 氏

藤井 弘之 氏

▶リサーチ会社セッション

『ヘルスケアリサーチ会社が今後向かうべき未来は』

[モデレーター] 

                           

(一社)HMIC

(株)社会情報サービス  専務取締役

傳農 寿 氏 

 
 
 
 

[パネラー] 

(株)インテージヘルスケア  代表取締役社長   仁司 与志矢 氏

(株)マクロミルケアネット  代表取締役社長   徳田 茂二 氏

イプソス(株)   Healthcare Executive Director    林 みゆき 氏 

(株)シード・プランニング   専務執行役員   佐々木 岳 氏

インテージヘルスケア 仁司 与志矢-2.jpg

 仁司 与志矢 氏

マクロミルケアネット10-2.jpg

徳田 茂二 氏

林 みゆき 氏

佐々木 岳 氏

※登録完了後、システムの関係上、登録完了メールが届きませんので予めご了承ください。フォーム提出後、ブラウザ上の登録完了画面にて送信済かどうかの確認ができます。(スクロールして確認する必要あり)
※オンライン参加の場合のご聴講URLは会期7日-3日前までにお送りいたします。
​※セキュリティの関係上フォームが開けない等がございましたら、セキュリティを通らない通信環境での再アクセス等のご対応をお願い致します。万が一、登録が全くできない等の問題がございましたら、運営事務局までお問い合わせください。
【午後の部】(事前登録制)
  受講料: 15,000円 <税込>  *参加登録フォームにて『会場』or『オンライン』を選択 

【午後の部】カンファレンス

​13:00 -13:10

オープニングセッション

                       

(一社) HMIC

 代表理事

 藤川 和美 氏

​13:10 – 13:50

(一社)HMIC   代表理事    藤川 和美 氏

[司会]

基調講演 Ⅰ

​『製薬産業の近未来の姿について』

                       

ユーシービージャパン(株)

代表取締役社長

菊池 加奈子 氏

【概要】

製薬産業の近未来を考える上で重要なポイントは3つ。1)米国を始めとした大手市場の政府動向。米国では大統領が変わり、日本でも菅新政権の下、ヘルスケアへの対応変化は業界に大きく影響する。2)イノベーションの加速。デジタルやニューモダリティ(治療手段)を追求していく事が、患者さんへの更なる価値提供になり、研究開発型製薬企業にとっての生命線になる。3)社会的責任を果たすためのSDGsへの積極的な取り組み。

 
 

​基調講演 Ⅱ                

『コロナ禍が加速した地殻変動 −製薬企業の近未来の姿について−』

                     

ミラバイオロジクス(株)

代表取締役社長

加藤 益弘 氏

【概要】

製薬企業、特に日本のそれを取り巻く環境の変化が言われてきて久しい。コロナ禍により社会に大きな変化が生じていて、ポストコロナは以前とは大きく異なる社会になると思われるが、製薬業界にもその影響は及ぶ。もちろん、環境変化はあらゆる局面で起こっている。問題は、その先をどう見据えて、どのようにプロアクティブに対処するかである。この地殻変動の影響を考え、次世代の企業リーダーの皆さんが何をすべきかを共に考えてみたい(誰も正解は知らないが、それを模索し行動を起こすことが求められている)。 

​13:50 – 14:30

​14:30 – 14:40

休  憩

[司会]

​14:40 – 15:10

                               

『Patient Centricity実現のためのメディカルインテリジェンス』

                       

中外製薬(株)

メディカルインフォーメーション部長

一色 義明 氏

【概要】

私たちは革新的な医薬品を通じて、これまでにない治療効果や治癒を目指すとともに、QOLを含めた患者さんにとっての本当の価値を考え、患者さんとその家族の負担も減らしていきたいと考えています。同時に「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を掲げてDXを推進しています。 

市販後の医薬品の適正使用推進や育薬を担うメディカルアフェアーズの立場から、このような考えに基づいて私たちが取り組む実臨床インサイト可視化のための活動や、そのデジタルヘルスへの展開についてお話しします。 

(一社)HMIC / (株)シード・プランニング   専務執行役員    佐々木 岳 氏

 

​15:10 – 15:40

​『患者さん目線の統合的なヘルスケアソリューション』

                       

武田薬品工業(株)

Strategic Digital Japan Head

大塚 勝 氏

【概要】

多くのヘルスケアソリューションが市場に出て使い続けてもらえないのはどうしてでしょうか?消費財は市場にニーズに合うように設計され、市場に出てからもユーザーのニーズにより調整され続けます。ニーズに合わないと市場から撤退する必要があります。 

ヘルスケアでの患者さんニーズに合ったソリューションの事例を紹介。 

 

​15:40 – 15:50

休  憩

​15:50 – 16:20

『Rx+®: 新しいヘルスケア・ソリューションへの挑戦』

                     

アステラス製薬(株)

Rx+® 事業創成部

Rx+® コマーシャルヘッド 部長

粉川 敏行 氏

 

【概要】

アステラス製薬は、経営戦略で『Rx+®(アールエックスプラス)への挑戦』を定め、医療用医薬品事業で培った強みをベースに、異分野の技術・知見を融合した新しいヘルスケア事業を創成する「Rx+®事業創成部」を発足させ、ゲーミフィケーションやデジタルあるいは医療機器技術まで最先端技術を融合した新事業を積極的に展開しています。これらの取り組みとともに、Rx+®事業創成部の戦略や活動、将来展望などを紹介します。

(一社)HMIC / (株)社会情報サービス   専務取締役     傳農 寿 氏

[司会]

 

16:20 – 16:50

 

 

『The Future of the BioPharma Industry during and after COVID

   and how Competitive Intelligence can help predict the future』

                     

Dr Daniel Pascheles,

CEO and Partner,

Molekule Consulting

【概要】

The presentations will focus on how the biopharmaceutical industry has weathered the “COVID-19 storm” and on how the future for the BioPharma companies might look like globally. The talk will also touch on how Competitive Intelligence can support companies to  better predict the future developments in our industry.

言語

​※会場では通訳による

 日本語講演となります。

 

​16:50 – 17:20

クロージングセッション

『クロスオーバー・ヘルスケア時代のマーケットインテリジェンスは

   どこに向かうのか? -カンファレンスを振り返って‐』

(一社) HMIC

(株)シード・プランニング   専務執行役員

佐々木 岳 氏 

※登録完了後、システムの関係上、登録完了メールが届きませんので予めご了承ください。フォーム提出後、ブラウザ上の登録完了画面にて送信済かどうかの確認ができます。(スクロールして確認する必要あり)
※オンライン参加の場合のご聴講URLは会期7日-3日前までにお送りいたします。
​※セキュリティの関係上フォームが開けない等がございましたら、セキュリティを通らない通信環境での再アクセス等のご対応をお願い致します。万が一、登録が全くできない等の問題がございましたら、運営事務局までお問い合わせください。